当サイトでは学資保険の基礎知識とおすすめの学資保険を紹介します。

学資保険おすすめランキング

学資保険おすすめランキング TOP

学資保険とは、毎月保険料を支払うことで、子供の教育費を積み立てる保険です。
高校入学や大学入学時など、お金が必要になると予想できる時期に満期を設定しておくと、その時期に給付金を受け取ることができます。

また、商品の中には、親や子供に万が一のことがあれば、治療費や死亡保険金が給付されるものがあります。
ほとんどの商品は、契約者が死亡した場合には、それ以降の保険料が免除されます。
さらに、育英年金が受け取れる商品もあり、契約者が死亡した日から保険満了までの間給付金が受け取れます。
学資保険は単に教育費を目的とするばかりではなく、親と子どもの万が一に補償を受けるために契約する方も多くなっています。
そのため、親や子供に何かあった時に資金を確保する目的の商品も登場してきています。

保険会社ごとや商品ごとに異なりますが、子供が一定の年齢に達した時に給付金が受け取れるもの、節目の年齢になるごとに祝い金が受け取れるものなどさまざまです。

満期時期まで保険料を支払えば、満期額資金というまとまった給付金を受け取れますが、実際に納めた保険料より満期学資金が少なくなる、つまり元本割れしてしまうこともありますので、注意が必要です。


学資保険と定期預金のどちらがお得?

学資保険に加入するか、定期預金にするのか、どちらが良いのか悩んでいる方は多いようです。

学資保険の中には高い貯蓄性のある商品も数多くあるため、定期預金が有利であるとは判断できかねるのです。

ただし、学資保険の場合、給付金は子供が12歳前後になってからしか受け取れないものが多いため注意が必要です。
商品によっては、子供が4歳になれば給付金を受け取れるものがありますが、通常は子供の年齢が高くなるほど給付金が多く支給されますので、子供が大きくなるまで保険料を支払い続けた方が、元の金額より増やすことができます。

また、親か子供に何かあった場合、保障が受けられますので、元金より給付金が大きくなります。万が一のケースはないことが望ましいのですが、学資保険の保障というものは生命保険と同様となっているのです。
つまり、万が一の保障を手厚くする商品の場合、貯蓄性に欠けてしまうのです。
もし、元本を増やしたいというのであれば、保障を最低限に抑えたものを選ぶと良いでしょう。

一方、定期預金の場合は、金利が低くても普通預金よりは高い利率を得られます。
ただし、昔みたいに金利は高くないため、預けておくだけで元本がどんどん増えることはありません。
このように定期預金と学資保険のどちらが有利であるかは結論が出せませんが、商品を上手く選ぶことで損することは避けられます。


人気の高い学資保険のランキング

ここでは、人気の高い学資保険をランキング形式にて紹介します。


第一位 アフラックの夢みるこどもの学資保険
アフラックの夢みるこどもの学資保険は、子供が小さい時期に保険料の支払いを終えることができる、貯蓄性が高い学資保険です。中には110%を超える返戻金が受け取れるプランもあります。保険料の払込期間に関しては、10歳払い込み済み、大学進学直前の17歳~18歳までに支払いを終えるプランなどがあります。10歳以降になると教育費がかかるという現実を踏まえた設計となっており、子供が小さいうちに支払いを終えることもできるということでも人気が高くなっています。

第二位 ソニー生命の学資保険
ソニー生命の学資保険は、保障内容をシンプルにすることで、貯蓄性を高めた商品です。とにかく返戻率が高いことで知られている保険です。満期年齢は、17歳、18歳、20歳、22歳から選ぶことができます。子供が早生まれである、大学在学中の留学したいなど、それぞれの事情に合わせたプランが選べます。大学入学前に給付金を受け取るプランは返戻率が高くなっています。

第三位 フコク生命の未来のつばさ
フコク生命の未来のつばさは「兄弟割引」を採用しており、子供が多い家庭に特におすすめです。兄弟姉妹が同じ保険に加入すると、保険料が割安になります。
貯蓄性を重視した保険となっていますが、医療保険をパックにすることで保障を手厚くすることも可能です。


TOPへ戻る